『あなたは「髪を生やす習慣」を知らないだけ。』を読んでわかった育毛法②

『あなたは「髪を生やす」習慣を知らないだけ。』を読んでわかった育毛法②です。
今回は、part1の部分の『「薄毛」&「髪トラブル」10の大誤解』を読んで分かった内容をお伝えします。

「薄毛」&「髪トラブル」の大誤解

薄毛の原因は環境

薄毛の原因は、生活環境によることが大きいです!
一般的に「遺伝」の影響が大きいと言われ、代表的なものに、男性型脱毛症(AGA)がありますが、生活環境やストレスシャンプーなどの悪影響を排除して環境を整えておけば、髪は生えてくるし、老化による脱毛も遅らせることができます。
頭の大きさ、形、髪の毛の生え方(生え際)が親に似ているため、遺伝によると考えられるのだと思います。
また、親と同居して同じ食事を摂っているため、生活環境が似てきて、髪への影響もまた同様になるのです。

基本的な育毛の考え方

育毛とは、「生えてくる髪の毛を太くすること」です。
また、「髪の毛の寿命は、生えた時点で決定」します。しかも、悪いことに、細い髪は、抜けるまで細い髪であり続け、しかも、短命と決まっています。途中で育毛剤を与えても太くなることはなく、早くに抜け落ちてしまいます。

一般に、髪が抜けてから次の髪が生えてくるまでには、半年から8か月位のサイクルが必要です。細い髪が多いということは、髪の生えているサイクルが短いことであり、結果として、次の髪の生えてくる準備期間が長くなり、薄毛になるのです。

育毛とは、「太い毛を生やす」→「髪の寿命を延ばす」ことにより、徐々に、細い毛を太い毛に変えていって髪の生えている期間を延ばし、「次に生えてくる髪を太い髪」に変えていき、髪の生えていない準備期間を縮めていくことなのです。

髪が生えるには毛根が必要ですが、毛根はそこそこ丈夫であり、火傷や傷でもない限り、そうそう無くなるものではありません。一見ツルツルの頭でも、よく見るとヒヨコのような産毛が生えていると思います。この、「細ーい産毛」を徐々に「太くて逞しい毛」に変えていけば良いのです。ボディビルで、細い筋肉を太い筋骨隆々な筋肉に変えるように、気長に髪の毛を太くしていきましょう!
髪の毛も筋肉と考え方は同様です。生える環境を整えていけば良いのです!

育毛のためには頭皮を刺激しない

「血液循環を良くすれば髪が生える」と思うため、短絡的に「頭皮を叩いたり」、「シャンプーでゴシゴシ頭を洗う」のは、ご法度です。
髪の毛が生える土台となる頭皮を傷つけてしまっては、決して髪は生えてきません。むしろ髪の生える土壌を壊してしまいます。

シャンプーをする時も、頭皮は指で触れずに、泡で洗うようにします。指の腹でマッサージをするようにしている方が、頭皮に付着した皮脂を効率的に洗い流せると思い、多くの方がそのようにしていると思います。頭皮マッサージ用のシャンプーブラシはたとえゴム製であっても、頭皮の皮脂を洗い流すことはできず、むしろ、頭皮を傷つけてしまう可能性があると言います。
シャンプーは、「洗髪時には、頭皮を触れないのが大切」で、泡で頭皮を包み込むようにして優しく洗う!これが基本です!

究極の育毛ポイント

髪の毛を生やすポイントは3つ!
「頭皮の乾燥」
「頭蓋骨のゆがみ」
「生活習慣を整える」です!
これらは、次回以降にお伝えしていきます。

まとめ

◆「薄毛」は生活環境の改善で克服できる。
◆「育毛」は「生えてくる髪の毛を太くすること」
◆「髪の毛の寿命」は「生えた時点で決定」
◆ 頭皮を刺激しない
◆「育毛のポイント」は「頭皮の乾燥」「頭蓋骨のゆがみ」「生活習慣」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください