『あなたは「髪を生やす習慣」を知らないだけ。』を読んでわかった育毛法 ①

数々の育毛法がありますが、先日『あなたは「髪を生やす」習慣を知らないだけ。』を読んで、育毛法の基本を再認識しました。
約5万人の髪を生やしてきた”ハゲのカリスマ”と自称している小林弘子さんという女性が著者です。
「常識」と「習慣」を変えれば「髪は絶対生えてくる」とのこと!
読んでわかった育毛法について数回に渡ってお話ししますので、是非実践して髪の心配を無くしましょう!

書籍情報

書籍名:『あなたは「髪を生やす」習慣を知らないだけ。』
著者:小林 弘子
出版社:主婦の友社
発行日:2019.2.28(初版)
定価:1,000円
書籍のサイズ:B5版(159ページ)

文字の大きさや挿絵も多く、とっても読みやすかったです。
160ページなので、半日程度では読み終える内容です。
むしろ1回読んでわかったつもりになるのではなく、何度も読み返して「薄毛」と「髪のトラブル」の誤解をしっかりと認識し、改善すると良いです。

価格は1,000円と購入しやすい価格であるものの、
「毛根はなくならない。だから必ず髪は生える!」
予約がとれない、「育毛革命」を起こした、伝説の育毛サロンのカリスマが紹介する「頭皮ケアの新常識」についての秘訣をこの本ではしっかり伝えていますので、十分なコスパはあると思います。
大きさと厚さもコンパクトで、読み物というよりは、シャンプーやマッサージのテキストとして活用し、やり方にズレが生じていないか常にチェックするために利用すると良いです。

著者紹介「小林弘子」さん

著者は「小林弘子」さんです。
生年月日が記載されていないため年齢はわかりませんが、見た目では推定35歳位でしょうか?「育毛コンシェルジェ」、「毛髪診断カウンセラー」、「毛髪診断士」の資格を持っている綺麗な女性です。

父親の薄毛をきっかけに美容業界に入り、美容室や大手育毛サロンで勤務してましたが、もうけ主義を目の当たりにし、「安全・安価で安心して通える育毛サロン」の実現を目指し、東京都・中野区で、マンツーマン形式”の発毛率90%”の発毛育毛・頭皮の専門店「サイエ」を2003年にオープン後、今年で16年目を迎え、これまでに約7万人以上もの頭皮を診断士、薄毛の悩みを解消してたそうです。
実際に施術を希望の方はこちら⇒ マンツーマン育毛塾「サイエ」

ネット書籍を出版した後『ハゲのカリスマ』と呼ばれるようになり、
・どうすれば太くしっかりとした毛髪が生え維持できるのか
・もともとの細毛は太くなるのか
・遺伝体質でも髪は豊かに維持できるのか
について日々研究と実践を重ね、16年間試行錯誤を繰り返しながら、発毛育毛の実績を積み重ね、開店当初は閑古鳥が鳴いていたお店も現在では、予約は2~3か月待ちという盛況ぶりだそうです。

本当に効果があるのなら、管理人も通ってみたいと思いますが、大変な盛況ぶりであるとともに、やはりそれなりの費用がかかるようです。まあ、マンツーマン方式で育毛効果があるならば、致し方ないところでしょうか。
シャンプーやトリートメントも、当然ながら高品質の商品であるため、市販品と同様の価格という訳にはいかないようです。

目次抜粋

目次の中で、特に重要だと思った内容が記載されている部分を抜粋します。
読む際の参考にしてください。

part1 「薄毛」&「髪トラブル」10の大誤解
☜ このpartでは、今までの育毛の概念が一変しました。「薄毛」「髪のトラブル」についての誤解をとても分かりやすく解説しています。

誤解3 育毛とは、髪の本数を増やすこと
☜「育毛は、生えてくる髪の毛を太くすること」と解説しています。「育毛」は「髪の本数を増やすこと」と今まで思っていました。

誤解4 ブラッシングが頭皮の血流をよくする
☜ 頭皮の血行を良くするにはマッサージが良い。つまり「頭皮を叩くこと」と誤解していました。

誤解5 シャンプーは頭皮をマッサージするように行うべき
☜ シャンプーは頭皮を指の腹でこすって脂質を流れ落とすことが重要とおもっていました。「洗髪時には、頭皮を触れないのが大切」だそうです!

誤解6 毎日シャンプ―をすることが、頭皮の負担になる
☜ この部分は、色々な説があり管理人には異論を感じました。洗いすぎると逆に頭皮の皮質を流れ落としすぎるため、2~3日で十分であるとのことで、今も管理人は毎日シャンプーはしていません。

誤解11  誤解を捨てれば、「生える」習慣が身につく!
☜ 髪の毛を生やす3つのポイントについて触れています。「頭皮の乾燥」「頭蓋骨のゆがみ」「生活習慣を整える」ですが、「頭蓋骨のゆがみ」はカルチャーショックでした。そもそも骨が歪むとは考えられなかったからです。でも後のpart3を読むと納得できました。 

part2 薄毛の根源は、頭皮の「乾燥」
☜ このpartは、頭皮の乾燥を防ぐ方法について述べています。全般的には、私たちが知っている内容でした。「シャンプーの選び方」と「髪の洗い方」はとても参考になりました。
 
◆洗浄力や「ノンシリコン」でなくシャンプー剤は洗浄成分で選べ!
☜ シャンプーの種類や成分を具体的に説明しているので、シャンプーを選ぶ際の着眼点がわかりました。
 
◆水道水の塩素で頭皮の乾燥が進むから「塩素除去」シャワーヘッドを利用しよう!
☜ 洗髪時のお湯の温度に注意することが重要と初めて知りました。熱いお湯の方が、皮脂をよく流れ落とせるし、また、頭皮の血行も良くなると思ってました。

◆頭皮は指でなく泡で洗おう。髪の毛を「泡立てネット」にして!
☜ 「頭皮は泡で洗う」のは意外でした。泡では頭皮の皮脂が落ちないと思ってました。シャンプー成分が限定されるので、実践するにはそれなりの金額がかかりそうです。  
 
◆やってみよう 頭皮にやさしい!サイエ式「保温シャンプー」
☜ この部分は必見です!シャンプーの方法が図解入りで丁寧に説明してあります。
 
◆眉毛より上は「頭皮」。おでこにも育毛剤を塗ろう
☜ 「おでこにも育毛剤」はなんとなく理解できるのですが、「禿げたおでこに今さら育毛剤を塗っても効果がないのでは?」と思うのは管理人だけでしょうか?育毛剤の概念が変わりました。

part3 あなたの「頭蓋骨」、ゆがんでいるかも!
☜ 頭蓋骨は堅いように見えて、「少しずつズレたり歪んだりしてる」「頭蓋骨は徐々にいびつになり大きくなっていく」。そして「頭皮に悪影響を与える」。これは、今まで管理人が抱いていた育毛に対する概念を根本的に打ち破りました。そもそも、頭蓋骨が、「ズレたり、大きくなったり、変形する」などとは、夢にも思っていませんでした。このpartは、1番核となる部分に思えました。

◆頭蓋骨、ゆがんでいませんか?まずは頭蓋骨をゆがめる生活習慣をチェック!
☜ 頭蓋骨が歪む生活習慣のチェックリストがあります。体系や生活習慣が影響するようです。

◆重力、眼精疲労、脳疲労、ストレスで頭蓋骨はじりじりとずれていく
☜ 頭蓋骨がすれる原因は、重力、眼精疲労、脳疲労だそうです。様々な要因があるのですが、生活習慣を改めれば、改善できそうなものばかりでした。
  
◆10秒でできるきれいな頭蓋骨づくり。重力にさからう「頭皮マッサージ」
☜ 図解入りで、頭皮マッサージの方法が分かりやすく説明されています。
 
part4 生活まるごと「頭皮にやさしく」シフトチェンジ
頭皮に優しい生活習慣の方法が列記されています。他のpartと比べると意外性に乏しく、「そうだよね」といった内容ですが、再確認する必要があるものばかりです。いきなり全て実践するのは難しいかもしれませんが、少しずつでも出来そうなものばかりでした。

◆髪には血液の「余り」だけが回る。健康毛こそ、健康の証です
☜ 「血のめぐりチェックリスト」が記載されています。意外なことが、血のめぐりに影響してくることがわかりました。

◆その食生活では頭皮に栄養を届けられない!?
☜ 「頭皮に良くない食生活チェックリスト」が記載されています。大体は想定内の要素でした。

◆頭皮のために!日本人なら控えたい食品がある
☜ ①グルテン(小麦たんぱく)②カゼイン(乳たんぱく)③食品添加物が多いものが、髪の毛ために控えたい食品トップ3だそうです。参考になりますが、これも想定内の内容でした。

◆頭皮&血管のためにも「糖質」を控えめに!
☜ 甘党の方にはショックな内容です。
 
◆紫外線やアレルゲンから頭皮を守る!「帽子」はあなたのガードマン
☜ 「帽子をかぶる頭皮が蒸れて脱毛する」と昔から言われていました。紫外線が頭皮に悪影響を及ぼすので、有効な帽子の活用法が記載されています。

◆運動は吉。でも無理は禁物。「有酸素運動」で血流アップを
☜ 体に良いことは当然頭皮にも良い。この理屈で有酸素運動が推奨されています。
 
part5 ハゲのカリスマ 先生、教えて!「髪」と「頭皮」のお悩み相談
「髪」と「頭皮」の悩みについて、丁寧に回答されています。「白髪」と「薄毛」の関係やシャンプーなどなど…

コラム
・知っておきたい薄毛の基礎知識
・薄毛偉人伝part1「戦国時代編」
・薄毛偉人伝part2「幕末・明治編」
・薄毛偉人伝part3「世界史編」
☜ これは読み物として笑えます。本人たちが見たら何を思うかと思う内容です。性格や体形から薄毛の原因を想像しています。

まとめ

「薄毛」な悩んでいる方は一読の書と言えるし、髪に悩んでいない若い方も読んでおいて損はないと思います。
内容もコンパクトで読みやすく、どんな方でも1時間もあれば読み終えてしまうでしょう。挿絵もコミカルで分かりやすいです。

5段階評価で示すなら、管理人の評価は「4」です。
マイナス点をしいて挙げるなら、科学的な根拠をもっと織り交ぜれば説得力が増すと個人的には思いました。

各論の詳説については、次回から述べていきますので、よろしくお願いします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ワポロです!健康に関する情報を収集して皆さんにお届けします。よろしくお願いします。ご意見等があれば、遠慮なくご連絡ください。