骨力アップのコツ

骨は体の基本です!
体を支えるのは骨格だし、
健康を保つためには、
骨密度を高めなければいけません(^_-)-☆

高齢者の寝たきりになる原因には、
脳梗塞や心筋梗塞などの循環器系によるのは想像がつきますが、
意外にも骨折も契機となることが多いのです。

高齢者に限らず、
若い方も骨密度を高めることが必要です。

効率良く、「骨力」アップのポイントを紹介するので、
皆さんも実践しましょう!

【骨力アップのポイント】

◆吸収率の良い食材を選ぶ◆
骨の材料となるのはご存知カルシウムですが、
なかなか腸で吸収しにくい栄養素です。
食材を選ぶ場合は、含有量だけを気にするのではなく、
腸で吸収されやすい牛乳、ヨーグルト、チーズなどの加工食品を選びましょう。

◆たんぱく質、ビタミンDが吸収を助ける◆
カルシウムは、タンパク質と結びつくことで吸収しやすい形に変わるのですが、この際に必要なのがビタミンDです。
ビタミンDを豊富に含む、サケ、しらす干し、イワシ、にしんなどをあわせて摂りましょう。

◆酢で調理する◆
鶏手羽肉やスペアリブなどの骨付き肉は、
酢と煮ることで骨の成分が溶け出します。
いわしなどの骨の細かい魚は、酢と煮ると骨が柔らかくなるので、骨ごとまるまる食べましょう。

◆日光に当たる◆
ビタミンDは、日光に当たることで、皮膚でもつくられます。
体全体に浴びる必要はなく、1日15分くらい手の部分だけでも効果があります。

◆買い置きができるものをストックする◆
乳製品、豆腐、油揚げなどの大豆製品、ひじきや切干し大根などの乾き物を常備しておき、日常のメニューに取り入れましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。