髪が復活!最強の育毛食材5選

髪は長い友達とはよく言ったものです(^_-)-☆
「髪」の文字を分解すると、「長」「彡」「友」に分解されます。
「長」「友」「彡(髪の形?)」まさに象形文字ですね~

性格が重要なのは勿論ですが、
見た目が良いに越したことはないですよね。
誰でもいつまでも若々しくいたいと思っているはずです。

今回は見た目の最たるもの!
「髪を復活させる最強食材」をお伝えします!
髪を太くし、黒髪を復活させましょう!
見た目年齢10歳up!

東京医科歯科大学の名誉教授の藤田絋一郎先生が実践していた方法で、
実際に先生本人が実践して「髪がフサフサになった」食材が、
海藻キノコ大豆青魚玄米の5点だそうです。
あまり高価な食材でないので、
懐具合を気にせずに実践できるので安心ですね。

効果のポインンとしては、
腸内環境活性酸素ホルモン頭皮環境が挙げられます。

育毛剤のようにピンポイントに効かせるのではなく、
バランスの良い食事を通じで体の中から髪が生える環境を整備することなので、髪だけではなく体全体に良い効果が出そうですね。

【海藻】
「海藻類」には、
髪の健康に必要な、鉄、銅、亜鉛などのミネラル類や、
腸内細菌の大好物である水溶性の食物繊維も豊富に含まれています。

この海藻類を食べることにより、
腸内細菌が活発化して腸内環境が整うため、
薄毛や頭皮等の老化の原因物質となる活性酸素を消去してくれます。

腸内細菌が、薄毛の最大の敵である活性酸素を消去することで、
髪の健康を保つことができるようです。

【キノコ】
「キノコ類」には、
不溶性の食物繊維フィトケミカル(植物が作り出す天然成分)が豊富に含まれています。

不溶性の食物繊維は、
腸内のゴミや細菌の死骸を取り除き、便を増やしてくれます。
また、フィトケミカルには、強力な抗酸化作用があります。

キノコ類にも、腸内環境を整えて薄毛を防止する効果があります。

【大豆】
女性ホルモンには育毛の働きがありますが、
「大豆」にはイソフラボン(渋みやえぐみの成分の一種)が含まれ、
女性ホルモンが減少した際の働きを補完してくれます。
イソフラボンが女性ホルモン同様の働きをして、
男性でさえも育毛効果を高めてくれるます。

また、食物繊維も豊富で、
上述のとおり腸内環境を整えてくれます。

【青魚】
サバ、サンマ、イワシなどの青魚には、
細胞膜の材料になる脂肪酸の1つで細胞膜を柔軟にする効果がある、
オメガ3脂肪酸が豊富含まれています。

よく青魚は血液をサラサラにすると言われますが、
これは、血管を広げて炎症を抑制するからです。
オメガ3脂肪酸を多く摂取することにより、頭皮が柔軟になり、
血行が促進されます。
こうして毛母細胞の隅々まで栄養が行き届いた結果、
育毛効果が高まるのです。

【玄米】
「玄米」には、血液をサラサラにして血行を促進するビタミンE
細胞の新陳代謝を高めるビタミンB群が含まれています。
加えて、細胞分裂の際に使われ、
ホルモンの生成にも必須成分である、
ミネラル亜鉛が豊富に含まれています。

ビタミン、ミネラル、食物繊維を含む玄米は、
育毛にうってつけの食材です。

以上の効果を認識したうえでメニューを構成すれば、
毛髪に優しい食卓になりますね(^_-)-☆

それではこれからも、健康に良い情報を見つけますので、
これからもよろしくお願いしますm(__)m




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。