血管力アップのコツ

血管は体の基本です!
栄養を体の隅々まで行き渡らせるのは血管です。
健康を保つためには、血管の機能を高めなければいけません(^_-)-☆

高齢者に限らず、血管を柔軟に保つことが必要です。

効率良く、「血管力」アップのポイントを紹介するので、皆さんも実践しましょう!

続いて、「血管力」アップです(^^)/

【血管力アップのポイント】

◆たんぱく質が血管壁をしなやかに◆
しなやかな血管壁をつくるには、
コラーゲンを補い続けることが必要です。
食事から摂取したたんぱく質は、
ビタミンCの助けを借りて体内でコラーゲンを生成するので、
積極的に摂りましょう。

◆EPA、DHAが血液をサラサラに◆
EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコヘキサエン酸)は、
LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の増加を抑えて、中性脂肪を減らす効果があり、血栓などを防ぎます。
豊富に含む、いわし、かつお、ぶり、さばなどの青魚を摂りましょう。

◆青魚は缶詰を活用◆
EPA、DHAなどが豊富な、いわし、さんま、さばなどの青魚は、
缶詰でも十分栄養が摂れます。
値段もお手頃で、調理要らずなので、
そのまま食べてもよし、
サラダにしてもよし、
ドンドン摂りましょう。

◆塩分を控えめに◆
塩分の取りすぎは、高血圧の要因です。
血圧が上がると常に血管壁に負担がかかる状態になり、
血管壁を劣化させてしまいます。
塩分控えめでも素材の旨みを引き出す調理の工夫をしましょう。

◆食物繊維をしっかり摂る◆
食物繊維はコレステロールの吸収を抑える働きがあるので、
動脈硬化の予防が期待できます。
野菜のほか海藻、きのこなどは食物繊維が豊富なのでお勧めです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。