「たまねぎ」の健康効果

「タマネギ」を用いた健康情報をお伝えします!
このページでは、
1 タマネギの「有効成分・効能」
2 タマネギを食べることによる「効果・効能」
3 タマネギを用いた「レシピ・活用方法」
4 体調が改善したなどの「健康効果」
について、有用と思われる情報を集めました。
どこでも手軽に安く買えて、美味しく食べれる食材ですので、
皆さんの健康の維持・改善に役立ててください!

「タマネギ」の基本

そもそも「タマネギ」って何なの?

そもそもタマネギは何なのでしょう?

タマネギ(玉葱、葱頭、学名:Allium cepa)は、ネギ属の多年草
園芸上では一年草もしくは二年草として扱われる。球根(鱗茎)は野菜として食用とされる。色、形状、大きさは様々である。種小名 cepa はラテン語で「タマネギ」の意味だが、さらに「頭」を意味するケルト語に由来するとも言われている。なお、かつて日本では中国語由来の「葱頭(中国語版)」と書いてタマネギと読んでいた。

                               ウイキペディアから引用

タマネギとは、の部分全体でタマネギなのです。
ネギは、葉の部分と根の部分を食べますが、
タマネギは一般的に根の部分のみを食べています。

「タマネギ」の種類

一口にタマネギといっても色々な種類があります。
下の表を参考にして、目的に合ったものを選んでください。

タイプ 代表的な品種 特徴  [適した用途]
黄タマネギ 系
黄タマネギ、新タマネギ
黄タマネギは最も一般的で、水分が少ないため長期保存が可能。
辛いが、加熱すると辛み成分が変化して甘くなる。
[多用途(煮・炒め・焼き・揚げ物、生食サラダ)]
白タマネギ 系
サラダタマネギ、真白
外側の薄皮も白い。
水分が多くて甘みがある。
辛みが少なく柔らかい。
[生食サラダ]
赤(紫)タマネギ 系
アーリーレッド、くれない
肉は白いが中の皮も赤紫色。
[生食サラダ]
ミニタマネギ 系
ぺコロス、パールオニオン
一般的なタマネギに比べて小さい。
[生食サラダ、揚げ物]

タマネギの選び方

タマネギを選ぶ際にも、注目すべきポイントがあります。
鮮度が良くなければ、それだけ栄養素が失われているのです。
しっかり選んで、しっかり栄養素を取り入れていきましょう!

  • 丸くて重たいもの
    持った時にずっしりと重みを感じ、硬く締っている物の方が水分をしっかりと保っている美味しいタマネギです。軽い物は乾燥しすぎているか、傷んで空洞ができている場合があります。
  • しっかりと表面が乾燥しているもの
    表面の茶色い皮がしっかりと乾燥して艶があり、傷などが無い物を選びます。
  • 新芽や新しい根が出始めていないもの
    芽が出始めていると言う事は、それだけ中の養分が失われているという事です。
  • 上部の中央の状態が良いもの
    上から見た時に中心部分からよく傷んでくるので、上の真ん中、軸のあたりを軽く押してみてへこんだりしないか確かめましょう。

「タマネギ」に含まれる主な有効成分と効能

タマネギには、
5大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル)はあまり多く含まれていません。また、他の野菜と比べても特別に多い栄養素はありません。
しかし、他の食品にはあまり含まれていない、硫化アリル(硫化プロピル)ケルセチンとが含まれています。

 

成分 効能
ケルセチン

「強い抗酸化力」(ポリフェノールの一種であるため)
 ・血管を丈夫にする。

 ・血流を改善する
  →生活習慣病(高血圧、動脈硬化症など)の予防
 ・悪玉コレステロールを減らす
 ・脂肪の吸収を抑制する
  →ダイエットに効果的
 ・美肌効果
「血液サラサラ効果」
 ・血栓・動脈硬化の予防

硫化アリル
(硫化プロピル)
「血液中の余分な糖質や脂質を減らす作用」
ケルセチン以上の「血液サラサラ」効果

 

「タマネギ」を使った健康レシピ

タマネギを使った健康レシピを紹介します。
目的に合った方法を選んで実践してみてください!

酢タマネギ

現在編集中です

タマネギの皮を使った「タマネギ皮茶」

タマネギ皮茶の素晴らしい効能

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください